書くことが好きな人にはかなわない

文章を書いて誰かに見てもらうことが簡単になった。最近はそれでお金を稼ぐことも気軽になった。

私は業務を進めるのに必要だろうと、取材して書く仕事もするようになった。ライターを目指していたわけでも、ブロガーになりたかったわけでもない。書くことができたら出張でいろんなところに行けるかも、くらいは思ってた。

私の周りには、書きたくて働いている人たちがいた。そのメディアが伝えるべきことを文章を日々書いていくのが仕事。彼らが書く文章からは、伝えるべきことに加えて、言葉や文章が好きなことがにじんでいるような気がしていた。

使う言葉の選び方、記事にあった引用の仕方、言葉と言葉の間。

言葉の世界ってものすごく広くて深いんだと、彼らの使う言葉を読みながら感じていた。

一方私は、昔から本は買って満足する人。webの記事もあとで読むマークを付けて、何年もそのままになっていたりする。読むことによって広がる世界、言葉の深さは知っているつもりだけれど、そこに対する探究心があるかと言われると、正直そうでもない。

そんな私にも、書く仕事をさせてもらえる機会があったりする。そんなときは私なりに、書けることを正直に言葉にしてみようとしている。それでも書くことはぜんぜん得意にならないし、毎回「完成できないかも」と思うくらいつらい。

文章にまとめるとか記事になるには、書くっていうこと以外にもたくさんのことが関わっている。だから書くだけがすべてではない。だからやっていけるのだけれど。

何年やっても、ずっと思う。

書くことが好きな人を尊敬しながら、頼まれる書くことは、精一杯やろうと思う。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly